×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

6月4日

マリノスタウンにて関クラ甲府戦。

勝っておかなければならない相手。

トップの練習を終えた裕二と翔も観戦。

クラブハウス前には歯を磨く谷口の姿が。

スタメン

-------武颯--------
雄斗--アンドリュー--汰木
----喜田-----翼----
山田-宮本-拓真-魁人
-------宇井--------

汰木康也初スタメン。
2年生GKの宇井も初スタメン

前半

GKとDFの連携ミスから失点。
さらにカウンターから見事なミドルで失点。

前半の甲府のチャンスはこれだけと言ってもよく、少ないチャンスを物にされてしまった。

前半40分で3人交代させるという積極策もあり、終了間際に海征のCKから雄斗が決め手1−2で後半へ。


ハーフタイムには裕二と翔もボール回しに参加。

後半

柏が勝った甲府に勝てば、3位以上はほぼ確定する。

ここで負けるわけにはいかない。

のだが、1−2のまま終了、痛い敗戦となった。

後半はお互いに責めあい、チャンスもあったが決めきることができなかった。

これで明日の柏戦は絶対に負けられない戦いとなった。

6月5日

運命の柏戦。

今日負けると、最終節でFC東京に勝った上で、甲府との得失点勝負の3位争いになると思われる。

ユースは12時キックオフで、その後トップのナビスコが15時ニッパツでキックオフなのでハシゴ予定。

スタメン

-------武颯--------
海征--アンドリュー--雄斗
----喜田----翼-----

高野-宮本-上野-山田
-------谷口--------

海征が久しぶりのスタメン。
1年の上野と谷口が初スタメン。

翔はクラブハウスの2階から観戦。

負けると予選敗退の可能性が大きいことに驚いていた。

前半

CKのこぼれからミドルを決められ失点してしまう。

この状況で先制点を与えたのは厳しい。

颯がGKと1対1になるなど、チャンスも作ったが決め切れず0−1で後半へ。

後半キックオフ。

ここ数年の関クラでここまで切迫した状況は初めて。

後半はほぼハーフコートゲーム。

一方的に柏を追い込んだが、海征のミドルの1点のみで1−1で終了。

終了間際には立て続けに決定機を作ったが、ことごとく決められず。

正直、関クラでここまで観戦に熱がこもったのは初めて。

今節、甲府がFC東京に負けたため、 次節のFC東京対柏でFC東京が勝てば、最終節にFC東京に勝てば3位以内確定で柏との得失点勝負で2位になれる。

可能性を残すために、次の西多摩戦は大量得点で勝ちたい。

ユースの試合後、急いでニッパツへ。

後援会の方からいただきました。
今日は金井が今期初スタメン。
そして代表でいない勇蔵に代わって、青山が初スタメン。

CKから青山のゴールで先制するものの、アディショナルタイムのラストプレーで追いつかれドロー。

青山にお立ち台に立ってほしかった。

まだ半分だけど、アウェイゴールを与えたのは痛い。
1−0だったら次のアウェイで先制点を取れれば、ほぼ勝ちが決まる状況だっただけに。

神戸アウェイは7月27日水曜日。
全クラ準々決勝の日ですね…。