×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

4月29日

延期されていたプリンス関東、第3節の桐蔭戦が開幕戦となった。

会場はマリノスタウンAグラウンド11時キックオフ。

 

今日はトップの清水戦が日産スタジアムで14時キックオフ。

Bグラではメンバー外の選手が練習中。

絶対にプレミアリーグに昇格しよう!

スタメン

--------武---------
海征-----------村原
---雄斗--アンドリュー---
--------
翼---------
高野-宮本-拓真-魁人
-------鹿野--------

トップは期待の1年正、武。
椋大が怪我のため、GKはこれまた1年生の鹿野。
翼はデビュー戦のはず(よく覚えてない)。

21番、鹿野洋司。

みなとみらい出身。

33番、武颯。

追浜出身。
去年のクラ選得点王、3月のサニックス杯でU-16日本代表にも選出(震災の影響で代表はサニックス杯辞退)。

前半2失点で0−2でハーフタイム。

力蔵が後半へ向けてどう立て直すか興味深いところ。

後半開始早々に海征のゴールが決まり、その後も決定的なチャンスを量産するが、1−2のまま試合終了。

良いところよりも、悪いところが目立つ内容だった。

まだシーズンは始まったばかり、先は長い。
これからこれから。

急いで日産スタジアムへ移動。

キックオフ30分前だというのに大勢の人。

当日券売り場も長蛇の列だった、最後尾はキックオフに間に合わないんじゃないか?

思ったより早く着いた。
以前ジローが巻き込まれそうになったやつですね。
以前ジローが巻き込まれそうになったやつでした。

今シーズンの選手紹介はコメント付。
毎試合ちょこっとづつ載せていきます。

まずは勇蔵。

俊輔。
さあ、ホーム開幕!

は、1−1のドロー。

よくわかんないPKを決められ先制されたが、その後の怒涛の攻撃で同点に。

去年までのチームだったら、間違いなく0−1のまま負けていたと思う。

内容的にも勝てなかったのは痛いが、明らかに去年までとは違うチームに変わりつつある姿が見れて良かった。