×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

とある理由でやり残していた観戦記ですよ。

7月17日

会場は綾瀬市民スポーツセンター陸上競技場。

15時キックオフだが、まだまだ暑い。

あまりの暑さに、幕の陰からピッチを望む。

直射日光を避けるだけで、だいぶ暑さが和らぐ。

神大のユースOBの成田。

リーグ戦ではレギュラーだが、この日はサブ。

せっかく試合中にいじってやろうと思ってたのに。

裕二がトップ帯同になったため、これからのユースは裕二抜きで戦っていく。

1トップを張るのは誰になるのか?

スタメン

-------雄斗--------
伊藤---松本----田中
---澁谷---アンドリュー--
宮本-渡辺-保田-星雄

-------福田--------

注目の1トップは雄斗。
1年生の田中智也が初スタメンで初出場。

神大との対戦は2008年以来、このときは4−0で完敗。
神大はわざわざプリンスの最終節にスカウティングに来ていた、当時1年の成田だったな。

今回も先週の市船戦にスカウティングに来ていた。

やはりフィジカルでは分が悪い。

上背がある選手が少ないこともあるが、ハイボールの競り合いはほぼ負ける。

それでも神大の拙攻に助けられて0−0で進む。

だが35分過ぎ、遠目からのFKが風に乗って伸び、目測を誤った福田がキャッチできずにトスするような形でゴールを許してしまった。

前半は0−1でハーフタイム。

暑くて大変です。

後半

前半と同じような展開の中、健哉復帰出場!

この交代が流れを変えた。

 

ボールを持って仕掛けられる健哉が入り、それに周りが連動することによって攻撃にリズムが出てきた。

そして翔の無回転ミドルをGKが後逸してゴール!!

さらにCKのこぼれを再び翔が受けて、ドリブルで中に切れ込む。
DFを二人交わしたところで、逆サイドを上がってきた星雄にパス。
これを星雄がダイレクトで合わせてゴール!!
角度的によくわからなかったけど、相手DFに当たって入ったかも。

スタンドには怪我で離脱している星広がいたので、星雄のコール出して、と頼んだら、照れながらコール出してくれた!

サポはさらにお祭り騒ぎw

大斗が2枚目のイエローで退場してしまったので、金沢拓真投入。田中智也はお疲れ様。

さてここで、大斗がレッドってことは次の公式戦に出られない!全クラで大斗不在は厳しいと思ったが、全クラ初戦が塩釜だとわかったとたんに、みんな安堵。

試合はこのまま2−1で終了。

天皇杯予選での勝利はたぶん1999年以来だと思う。

次は8月22日。

関東学院とY.S.C.C.の勝者と!

ってことで時間は跳んで8月22日

対戦相手はY.S.C.C.です。

場所はおなじみの保土ヶ谷。

 

第1試合はSC相模原対桐蔭横浜。

5−1で相模原の勝利。

05ユースOBの富井も出場。

今日勝てば相模原との決勝戦になる。

スタメン

-------海征--------
松本---健哉----雄斗
----澁谷---拓斗----
高野-渡辺-保田-星雄

-------椋大--------

本日のトップは伊東海征。
大人相手に頑張れ1年生!

前半

試合は支配するものの、決定機を外しすぎ。
そうこうしているうちに、クロスがファーへ流れたところをヘッドで合わせられて失点。

前半は0−1。

技術では負けていない、試合も支配している、だけど何かちぐはぐ。

あれですか、金沢で相当走り込んだらしいですが、その影響ですかね?

神大戦も後半逆転したし、ここからここから!

だがしかし、なんと6秒ルールの笛を吹かれてペナ内で間接FKをとられてしまい、これを決められて2点差になってしまう。

っていうか6秒ルールなんて取られたの記憶に無い、たぶん初めて。

この失点で試合が決まってしまった感じ。1点差ならまだ何とかなったかもしれないが、2点差は時間の経過とともに重くのしかかる。

残念ながら0−2で敗戦。

なんか審判が試合決めちゃった感があって残念。

そんなに長く持ってた感じしないけどなぁ。しかも負けてる方のチームにとる必要なんてないじゃん、それにいきなり笛吹かないでまず注意しろよ!

まあ間接FKのときに壁の作りが甘くて失点しちゃったのがいけないんだけど、サポ的には煮え切らない敗戦だったな。

ともかく選手はお疲れ様!