×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

まずはじめに、山形戦でのこのダンマク。
クナンのために作ったって書きましたが、ネタですよ。
マリノスの代表候補4人を応援しないはずがないじゃないですか。

一部の方からご指摘を受けましたので、お詫びして訂正いたします。

4月10日

そろそろ散り始めた横浜の桜。

今日はセレッソにすっきり勝って、上位をうかがいたいところ。

サポ少なっ。

去年天皇杯でやった福島と変わらないんじゃないか?

と思って、福島の写真を引っ張ってきた。

さすがにセレッソの方が多いですね、失礼しました。

本日のしなりーランド定点観測。

旗が増えてる!

怪我明けでいきなり学がベンチ入り。

見下し系。

小宮山が衝撃的すぎて、正直もう乾とかどうでもよくなってきた。

前半で相手が一人退場したが、前線だけ残して引きこもるセレッソから点を奪えない後半、なんと学が途中出場。

学の空回りっぷりが酷かったな。
まったく試合に入っていけてなかった。

結果もスコアレスドローで、酷い内容だったな。

終了後にしばらくベンチで話し込んでいた和司と樋口コーチ。

この結果に何を思うか。

4月11日

いよいよ今年もプリンス開幕!

初戦は小机で湘南と。

やっぱり小机だとプリンスって感じがするな。

今年の高円関東枠は6。
5位以上で来期は全国リーグ(東日本)だそうです。

土手でキックオフを待つ。

晴天で暖かくまったりとした感じがいい。

湘南サポはスタンドへ。

プリンスではスタンドで鳴り物もOK。
Jユースだとシミスポに追い出されますよ。

新曲の太鼓のリズムを打ち合わせ。

スタメン

-------小野--------
松本---高橋----後藤
---澁谷---アンドリュー--
宮本-渡辺-保田-木村
-------椎橋--------

去年と同じ4−2−3−1。

新曲の歌詞をダンボールに書いて見せながら歌う。

ちなみに新曲はこの2曲です。

行け行けよトリコロール 恐れることはない
俺たちの力を 見せつけてやれ
オレオーヨコハマ オレオレヨコハマ
オーレオレ オレオラー

オーオ まつもとしょう その右足が 試合を決める
オーオ まつもとしょう さあ見せてくれ 始まるSHOW TIME

ドイツ帰りの疲れからか動きがあまりよくなく、序盤は引いて守ってカウンターの湘南の戦術にハマッてしまう。
スピードのあるFWに突破されて冷やりとする場面もあったが、何とかしのいで徐々にペースを持ってくる。

そして35分過ぎ、健哉から右サイドの拓斗へ、これを拓斗が折り返し、ゴール前で裕二が押し込んで先制!

前半のうちに先制できたのは大きかった。

後半

途中交代で投入されたのは1年の喜田。
全少で優勝したときにも話題になったボランチの選手。

まさか1年が出ると思ってなかったから、コール考えてなかった。

とりあえず「タクヤ」と、下の名前でコール。
だけど、このチームには「タクヤ」が3人もいるのだ。

というわけで次からは違うコールになります。

続いての交代も1年の高野。

3月に行われたサニックス杯のU-16代表に選ばれた左サイドバックの選手。

後半も半ばをすぎると湘南も疲れてきたのか、だいぶスペースができてくる。

こぼれ球を拾った喜田が中央をドリブルで独走、右サイドの翔へ。
ボールを受けた翔は中に切れ込み、さらに切り返してDFを交わし右足でシュートしゴール。

翔は振り返ってサポへ向かってガッツポーズでアピール。
意外だったから反応できなかったけど、次は大丈夫だから。懲りずにアピールしてちょうだい。

さらにコーナーキックのこぼれを健哉が折り返すと、後方から飛び込んできた裕二が高い打点で合わせて3点目。

裕二はメインスタンドの方へ。
土手からは「裕二こっち!」という声。

点を取って左に流れるのはクセだそうで、無意識だとどうしようもないそうです。

ロスタイムには方を組んで青道を熱唱。

初戦は3−0と順調なスタート。

 

本日の名言
『カッコイイかどうかが問題であって、原曲は関係ない』

小机のあとはニッパツへ。

関東大学サッカーの第1節。
第1試合の慶応対神大の終了間際に到着。

神大の成田がスタメンフル出場。
4失点したけど次は修正して頑張れ。

第2試合は駒大対筑波。

森谷と曽我がスタメン。 曽我はFWで出場。

結果は残念ながら2−0で駒大の勝利。

試合後に話を聞いたけど、曽我は今年に入ってからFWをやっているそうです。
今日は良くなかったけど、最初の頃は調子良かったそうで、こちらも次に期待。

森谷とも久しぶりに話しました。

OBはみんなユースのことを気にして、結果を聞いてきたのが嬉しかった。