×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

10月10日

国立競技場千駄ヶ谷門。
現在10時、開門1時間前。

1番手は9時30分に来て先頭を確保。

メッセージ幕を製作。

東京シミズに内容を確認された。

大会のスポンサー絡みのことは心得てるから大丈夫ですよ。

完成。

高円宮杯のチャントから一部抜粋。

開門。

けっこう並んでる。
やっぱり準決勝で国立ともなると注目度が上がるな。

席貼りし放題。

こちらは某氏が持ってきた2006〜2008年のユースTシャツ。

高円宮杯の成績は、
2006年ベスト16
2007年ベスト16
2008年ベスト8

こちらは懐かしの2005年Tシャツを着てきた、マイク秋元世代の某氏。

この年は予選3戦全敗だったな。

選手がアップに出てきたので、

応援開始。

ユースで試合前に応援するのは滅多にない。

養和はメインスタンドで応援。

各カテゴリーから動員をかけたのか、けっこうな数。

こういうところは、さすが街クラブ。

スタメン

--------関原-------
--裕二--高橋--天野-
---後藤--アンドリュー---
岡--愛輔-中田--保田
--------鈴木-------

この大会の基本スタメン。

サブ。

選手入場時にはビックフラッグも。

ベンチには体調不良でメンバーから外れた悠斗のユニが。

一進一退の展開の前半。

健哉のクイックリスタートから凌河がゴール!

凌河は真っ先にベンチに向かい、それを迎えたのは都丸。

いいシーンだ。

後半。

養和にスーパーミドルを決められ同点に。

その後、決定的な場面を何回か迎えるが決めきれず。

天野のミドルは、今日もバーに嫌われた。

試合は1−1のまま10分ハーフの延長へ。
それでも決着がつかず、

PK戦へ。

思い出すのは2005年Jユース準々決勝。
あの時も養和相手にPKで勝った。
確か10人目くらいまでもつれて、最後は秋元が止めたんだよな。
今日も勝つよきっと。

スタンドではそんな思い出話も。

勝ったー!!

天野が外したのはご愛嬌。

サポゾーンへ。

負傷交代した拓斗は岡が背負ってダッシュ。
拓斗の怪我は大した事ないそうです。

みんなの笑顔が良いね。

ついに決勝へ!

頂点まであと一つ!!

長崎前泊組、日産での代表戦組と分かれて、中の人はメインに移動して第2試合を観戦。

決勝の相手がどっちになるか高みの見物。

ロスタイムに磐田が追いついて、延長、PK戦の末、磐田が大逆転勝利。

それにしてもいい試合だった。

3位表彰式。

10月11日

もう何度目かよく分からない長崎。

中の人は数年前に草津に負けた後も。キャンセルしないで長崎一人旅に来たこともあります。

ついでにヴェルディと草津の試合も見たりしました。

長崎ゾーン。

ジロー復帰ベンチ入りで、久しぶりのジローコール。
スパイクを手に、こっちを見ずにコールに応えるジロー。

こちらは長崎所属の佐藤由紀彦。

黒さが際立つ。

地元出身の千真と、
兵藤には期待がかかる。
スタメンの秋元はシゲさんから入念に指示を受ける。
後半4−0となったところでジロー出場!
ジロー幕でアピール。

千真はハットトリックしたが、兵藤はチャンスき決めきれず。

FKの場面では、功治と兵藤が並び、空気を呼んで兵藤がが蹴るも、GKがセーブ。

試合は4−0で勝利。

まあ、普通にこんなもんでしょう。

秋元は公式戦5戦目にして初勝利。

おめでとう。

ジロー復帰も改めておめでとう。

試合後のユキヒココールに応えてくれた由紀彦。

ボケててすみません。

マツは由紀彦にユニを渡した様子。

帰りに空港でちゃんぽん食べた。

最近はどこへ行っても日帰りが多くて慌ただしい。
っていうか今年はトップの遠征でホテルに泊まったことがないな。

さあ、明日はタカマド決勝!

週末3連勝で締め括ろう!!