×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

9月12日

広島空港着。

生憎の雨模様。
遠方アウェイで雨とか、テンション下がる。

試合まで時間があるので、原爆ドームを見に行く。
その後、広島駅に出てお好み焼き。

大人4人だったので駅からタクシーでビックアーチに。

タクシーだと駅からあっという間、料金も3000円くらいで安かった。

中の人は久しぶりのビックアーチ。
3、4年振りくらい。

ナビスコで退場し、6試合出場停止の飯倉に代わって、スタメンは秋元!

今度こそ初勝利を!
雨の中遠くまで来たんだから勝って帰ろう。
開幕戦のリベンジだ。

広島はJでいちばん強いんじゃないか?

大宮にやっと勝ったと思ったら、新たな苦手チームが誕生してしまいそうな予感。

実際のところ、後半は点の取れるチャンスがいくらでもありそうだったが…。

それ以上に、簡単に点を取られすぎ。

そういえば、久しぶりに学が出場した。

秋元びいきの中の人も、さすがに今日の秋元の出来の悪さは庇うことができない。

唯一良かったこと?を見出すなら、秋元出場時に始めてチームが得点したことくらいか。

9月13日

広島から日帰りの翌日は、再び群馬の敷島。

またもや高崎線が遅れたけど、両毛線が接続待ちしてくれたし、今日は第2試合だから余裕で到着。

第1試合は前育対神戸。

例によって前育チアも応援。
以前はプリンスの小机の試合にも出張してきてたな。

試合は1−1のドロー。
この結果、今日札幌に勝てば、早くもグループ1位抜けが確定する。

今日は風が強い。

幕の下を止めると、ハトメがちぎれてしまうので、風になびかせ放題。

スタメン

-------関原------
--裕二-高橋-天野-
---後藤-アンドリュー--
岡-愛輔-中田-保田
-------鈴木------

前節と変わらず。

前半、ゴール前の混戦で凌河が倒されPK獲得。

これを凌河自ら決めた…、と思ったら主審の笛。
ペナルティエリアの外側で、選手に何か話している。
するとなぜかPKの得点は取り消され、ペナルティエリアの外側から札幌の間接FKで試合再開。

 

???なスタンド。

こんな判定見たことがない。

ひとつ思い当たるとすれば、2006年の東総市船戦で学んだ、意義は間接FKで再開、くらいか。
だけどそんな感じじゃなかったし。

選手もベンチも特に講義することもなく、普通に試合は再開された。

結局試合が終わっても、PK取り消しの理由は不明のまま。力蔵さんは試合後に、誤審じゃないかと言っていたらしい。

後半。

一方的に攻め続けるが、決定力に欠けなかなかゴールが奪えない。

そして40分過ぎ、裕二のグラウンダーのサイドチェンジを、スペースに走りこんできた拓斗が折り返す、これを中央で天野が合わせてゴール!

ようやく待望の先制点が生まれた。

試合はそのまま終了。

2試合目にして早くもグループ1位が確定、ラウンド16の試合日時、会場も確定し、予定が立てやすいw

凌河のPK取り消しが、得点王獲得への障害にならなければいいが。

というのが唯一の気がかり。