×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

8月1日

金井がスタメン。

去年のガンバ戦以来。

去年もこの時期だったな。

あまりネタもないので、
応援風景などを。

金井頑張れよ、金井。

前半は千真のゴールで1−0。

 

そして後半。

アーリアの突破から兵藤が今季初ゴール!

これで2−0。

さらに兵藤のスルーパスから小宮山ゴールで3−0。

エンブレムを掴んでアピールするコミー。

このパフォーマンスは個人的に大好きです。

見事にアウェイのカリを返した。

そして金井のスタメン無敗記録更新。

アーリアハーバーゲット。

ヒーローインタビューが終わり、引き上げるアーリアを呼び止め…。

脚立に立たせてトラメガを渡す。

「オーレーオレオレオレー」
って歌ってとお願い。

裕介と違い、照れることなく歌いだすアーリアはさすが。

8月9日

保土ヶ谷にて天皇杯予選。

暑い、それにしても暑い。
曇りで太陽こそ出ていないが異常に蒸し暑い。
ピッチの気温が38℃との情報も。
こんな日に13時から45分ハーフの試合なんて。

アップ時にやたらと気合の声が上がる。

今年は特に本気みたいだ。

今まで本気じゃなかったってわけじゃないけど。

円陣でも気合が入る。

これはちょっと楽しみ。

東海大学応援席。

リーグ戦と変わらず大勢。

-------関原------
--裕二-悠斗-天野-
---澁谷---中田---
岡-愛輔-早田-星広
-------都丸------

結構いじってきたな。

開始早々に岡が左サイドを突破。

悠斗とのワンツーでゴール前に抜け出しシュート。
鮮やかな先制劇だった。

これはいけるか?と思ったのもつかの間。
東海大学はロングボールを多用しフィジカル勝負。
こうなると分が悪い。

何とか凌いでいたが、前半半ばに直接FKを決められ失点。
その1分後。
勢いに乗った東海大学は、激しいプレスでボールを奪ってシュート。
なんとかクリアしたが、こぼれをミドルで叩き込まれあっという間の2失点。

後半もポゼッションでは優位に立ち、決定的な場面を何度か迎えたが決めきれず。

左サイドの裕二を基点に、いつものサッカーでカテゴーリーが上の相手に堂々と渡り合う。

だがCKから失点してしまうと、後半の後半は完全に足が止まってしまう。
これだけ暑けりゃ仕方がないか。

結果は3−1。

去年の神大には手も足も出なかったけど、今年は手も足も出せた。

ロングボールでのフィジカル勝負の相手に、いつものパスサッカーを最後まで貫き通した。
あとは決定機さえ決めていれば、さらに言うなら、もっと体力があれば。

単純に勝負にこだわるなら、違うやり方もあっただろうけど、今回はこれでいいんじゃないかな。

でも選手は悔しそう。

勝てない相手じゃなかったからな。

ちなみにその後、東海大学は優勝して天皇杯出場権を獲得。

やっぱり自信を持っていいと思う。