×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

11月23日

今日のトップは残留をかけた大事な千葉戦。
しかしユース担当の中の人は、トップは仲間に託して鹿島グラウンドへ。

着いて早々、長谷川祥之に「今日は奥のグラウンドでやりますから」と言われる。

奥のグラウンドキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

思い起こすは2004年Jユース。
広田、マイクが退場し、FKから天野が同点ヘッド!
しかし勝ち越され、最後は保崎が低空ドロップキックで退場して負けた伝説の試合。(ちなみに鹿島も2人退場)
いつかこのグラウンドで借りを返すのをどれだけ待ちわびたことか。あれから4年、あの試合以来の鹿島グラウンドB面。


って言うか、長谷川祥之ってユースのコーチやってたのね、知らなかった。

ついでに保崎、水戸入団おめでとう。

 

鹿島グラウンドは一昨年のプリンスでも試合をしてるが、あの時はメイングラウンド。

いつの間にか鹿ガーデンがアントラーズカフェに変わっていた。
まあ、どうでもいいことだが。

鹿島神宮駅から徒歩でグラウンドを目指していた、ユース担当の若手。

途中車に拾われてたどり着いたらしい。

実際に歩くと1時間以上かかるそうです。

ダンマクのサインを見る鹿ユース。

このダンマクはどこに行っても注目される。

スタメン

--------端戸-------
松尾----悠斗---関原
----荒井---優平----
愛輔-甲斐-臼井-曽我
--------松内-------

前半

CKをファーでまっちょが折り返して、関原がヘッドでゴール。
1−0で折り返す。

後半

負けると予選敗退の可能性もある鹿島が猛攻。
ウチは防戦一方。

中盤の激しいプレスで攻撃の糸口もつかめない。

なんとか耐えていたが、ミドルで失点、CKから失点で逆転負け。

またしてもこのグラウンドで勝てなかった。

次にこのグラウンドで公式戦を戦うのはいつの日になることやら…。

試合後、足を攣る鹿島の選手。

かたや消化試合、かたや負けると後がない、このモチベーションの差がはっきりと出た試合だった。

いや、ウチはいつもこんなもんか…。

予選突破が確定し大喜びの鹿島。

正直負けた後に目の前で騒がれるのは気持ちよくないね。

やっぱり勝ちたかった。

一方フクアリ。

千葉の決起集会。

ウチも決起集会。

そのままスタンドへなだれ込む。

 

試合は後半8分間の怒涛の3ゴールで快勝。

これでほぼ残留が確定!

 

今回はこれだけでサクっと終了!

あー、フクアリ行きたかった。