×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

9月20日

今年の大一番、16位と15位の直接対決の裏準天王山。
この試合の結果が今年の成績に大きく影響することは間違いない。

試合前、携帯片手にホームゴール裏に手を振る、その先には…。

この人。

いつも代表でお世話になっています。

今日はお手柔らかに。

風でめくれた幕を直す運営。

ちょっと前までは、警備も厳しくて使えないイメージがあったけど、今年はなかなか仕事ができる。

久々にメンバー入りしたアーリア。
お互いに、
必死。

スコアレスで折り返したハーフタイム。

山崎と須崎が横断幕を持って場内一周。

お前ら、こんなことしてる場合じゃないだろ。アジアユースはもうすぐだぞ、怪我は治るのか?

いよいよ運命の後半が始まる。

この45分で来年どうなるかが決まる、と言っても過言ではない。

ショートコーナーからの狩野クロス→大島ヘッドの1点を守りきって勝った!

この1勝は大きい!!

3月15日2節札幌戦以来のアウェイ勝利!!!
長かった…。

9月21日

今年もきましたひたちなか。

第1試合は鹿児島城西対ガンバ大阪。

試合は2−2から延長戦へ。

結局大迫のハットを含む4−3で城西が競り勝った。

第1試合中、まっちょと愛輔がスタンドへやってきた。

いつもベンチに飾ってある試合に出れない3年のユニを、今日はベンチに飾れないからスタンドに出して欲しいとのこと。

で、こうなりました。

学は今日はトップの練習試合には出場せず、ユースに帯同。
試合前に普通にアップしてたからベンチに入るのかと思ったけど、やっぱりメンバー外。

10番のユニを着て雑用をこなす学は、なんだか嬉しそうだった。

第1試合が延長になったおかげで、幕を準備する時間が10分程度しかなくなってしまった。
おまけにゴール裏にしか貼れない。

急いで幕を貼り終えた頃には、もう選手入場。
ダッシュでスタンドに戻って選手コールを始める。

スタメン

-------端戸------
---後藤---荒井---
関原---------悠斗
-------優平------
岡-甲斐-臼井-曽我
-------松内------

前の試合と変わらず。
後藤は1.5荒井は2.5列目みたいな感じ。

にしても優平、その座り方は…。

前半

コーナーキックのこぼれを岡が豪快に蹴りこみ先制!!

荒井の直接FKをGKがこぼし、それに詰めた端戸のシュートがポストに当たり、さらにそれに詰めた甲斐が押し込んで2点目!!

甲斐は公式戦初ゴール。

しかし直後にCKから新潟の酒井に決められ2−1。

そのまま折り返す。

このまま終わるはずがない今年のユース。
とにかく追加点が欲しい。

そんな中、再びCKから甲斐がゴール!!

試合はそのまま3−1で見事に勝利!

ここ二年間敗れなかったベスト16の壁を見事に突破した。
まさかこのチームが近年の新たな歴史を作るとは…。

次は西が丘で名古屋と、トップとモロ被りなのが残念だが、1次ラウンドのリベンジを果たして皆で国立へ行こう!!