×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

7月20日

保土ヶ谷公園サッカー場にて天皇杯予選。

第1試合は神奈川教員vs工学院F・マリノス。

中の人は初めての工学院観戦。
工学院サポの後ろでひっそりと観戦。

洗いたてで湿ったバンデーラを乾かす。

直射日光の下すぐに乾く。

神奈川教員には長男の中学時代の先生が。

試合中に長男に向かって、

「(工学院を)応援してやれよ」

と一言。

試合後には長男呼び出しw

試合は4−3で神奈川教員の勝利。
工学院は残念。

続いて第2試合。ユースvs神大。

第1試合との間隔はわずか10分。
急いで幕を張る。

神大はユースOBの藤川がスタメン。

ユースの応援を始めて、公式戦でOBと対戦するのは初めて。

こちらは神大の応援。

ノリは大学サッカーそのまま。野次も多い。
おまけに監督までユースの選手に野次w

こっちも負けずに藤川へ野次w

まあ、1種相手なんでこのくらいは。

よほど上手く戦わないと勝てないだろうとは思っていたが、4−0の大差で負け。予想以上の大差がついた。
直接FKでの2失点が痛い。

前半にあった優平の決定機が決まって先制できていたら、また違った展開になっていたかも。

全クラ前に良い経験ができたのでは。

あと、三平はやっぱり上手かったです。

来年のユニバへ向けた、大学選抜に藤川が選ばれたということで、『横浜から世界へ』と『トリコロールの継承者』を掲げ、試合後に藤川コール。

手を上げて応えてくれてありがとう。

続いて日産スタジアムへ移動。

去年カナダで出会ったジェットが一時帰国しているというので、連絡を取って再会。

成長してるね。

金井が今シーズン初ベンチ。

なんと途中出場。
左WBという、たぶん始めてやるであろうポジションで多くのチャンスを演出。
初出場とは思えないほどの落ち着いたプレーはさすが。

良かったのはそれぐらい。

試合は負け。

秋元が不憫でならない。

ボランチに1年目と2年目の攻撃的な選手を並べるのはいい加減どうかと思う。