×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

6月5日

出発前に恒例のカツカレーと思ったが、大して腹が減っているわけでもないので、とりあえず写真だけ撮っておいた。

そしたらタイ航空の機内食がカレーだった。

まずはバンコクに到着。
乗り継ぎでマスカットへ。

バンコクから6時間ちょっとで、マスカットのシーブ空港に到着。

イミグレでビザを取得し入国。

ターンテーブルが流れておらず、荷物を無造作に降ろしていく空港係員。

空港を出る夜だというのに暑い。
東南アジアの夕方のような暑さ。
これで日中になったらどうなるんだ?

空港からはタクシーでホテルへ移動。

料金は8リアル。(1リアル≒300円)

一人旅なのでこういう出費は響く。

もちろん高速は無料。
ちなみにガソリンはリッター0.12リアル(約36円)でした。さすがに安い。

現地時間22時30分ころホテルに到着。

日本時間で3時30分。さすがに眠いので、このままベットに崩れ落ちる。

6月6日

早朝。

ホテルの周囲を散策。
ホテルがあるのはルイという町の外れ。

ちょっと歩いただけで汗だく。朝なのに。

朝食つき!

某氏から当日はチケットを買えないから、今日中に買っておかないとまずいという情報を得たので、とりあえずオマーンサッカー協会へ。

しかし今日は金曜。つまり日本でいう日曜日。

やはり協会は開いていませんでした。

とりあえずその足でスタジアムへ。

もちろんチケットなど売っているわけがない。

開いてたからとりあえず入ってみる。

無駄にトラックを一周してみた。

昼食。

多くの店が昼休みで店を閉める中、.こういうところはやっている。

やはり値段は日本と大差ない。

午後はマトラへ・スークへ。

金曜でも開いてる店が多い。
歩いていると「こんにちわ」と呼び止められる。

日本語すごいな。

海沿いにあるマトラ・スーク。

いったんホテルへ戻って、練習を見学に再びスタジアムへ。

って、カメラを忘れましたよ…。

6月7日

午前中にオマーンサッカー協会へ。

普通にチケット買えた。
料金は5リアル。

スタジアムへ。

日本人エリアはメインのホーム側。
屋根がついてて日差しを避けられるので助かった。

仮設電光掲示板。
現地の日本人会などの人たちで200人くらいの入り。
日本から来たのは20人くらいか?

試合直前、すぐ横のエリアにオマーン人が来て応援を始める。

かなりウザイ。

ブラスバンドが君が代を演奏。

テンポが速く君が代らしくない。
趣もなにもあったもんじゃない。

少人数でガチ応援だったから写真はナシ。

結果はドロー。

正直、あんな暑い中サッカーなんてやるもんじゃない。

日が落ちればけっこう涼しくなるから、最初の予定を変えずに19時キックオフにしてれば勝ってたな。

ねえ、電通とTBSさん。

すっかり日も落ちたスタジアムを後にし、ホテルのレストランで食事してからホテルへ帰る。

ちょうどEUROやってたからテレビ観戦。

6月8日

ルイの町を散策。

川には水が流れていない。

正午になるとほとんどの店が昼休み。
夕方まで開かない。

さて、その頃…

日本ではナビスコカップ予選最終節が。
負けると予選突破が怪しくなるので、とにかく勝ちたい。

1−0で勝って予選1位通過。

よかったよかった。

で、マスカットからバンコクへの飛行機は選手と同じ便。

まあ選手はビジネスで、中の人はエコノミーですが。

6月9日

早朝にバンコクに到着。

日本へのフライトは夜便なので、半日バンコク観光。

ワット・プラケオ。

川を渡って。
ワット・アルン。
階段が急。
登ってみた。
降りるのが大変。

続いてワット・ポー。

バンコク暑いって言ってる日本人は、一度オマーンへ行った方がいいと思いつつ、バンコクを後にしたのでした。

実際バンコク暑くないって感じたからね。