×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

約一ヶ月ぶりのユースの公式戦。

夏の間に増員されたBRIGADAは車2台でひたちなかを目指す!

鶴見に若手を拾いに行って、お約束のように目の前をスルー。慌てて追いかけてくるリカルドたち。

高速に乗るために線路を越えなければならない。
Uターンして高架下をくぐるか、近くの開かずの踏み切りに行くか、どっちが早い?
ここは地元のリカルドに聞く、

リカルド「どっちも同じようなもんですよ」

というわけで踏み切りへ。

お、すぐ開いた!
と思ったら、目の前で再び閉まる。

通過していく電車は何本目だろうか、かれこれ20分近くも開かない。これはテレビに取材されるのもうなずける。

痺れを切らしてUターンで高架下へ。あっという間に高速に乗れたよ。

結論。
リカルドは嘘つき。

友部SAでババグランドと合流。
カーナビの着いていないヒロアキーラはババグランドの後を付いていく。

やってきましたひたちなか。

2年前のプリンス最終節、激戦を制して優勝した鹿島高校戦を思い出さずにはいられない。

これがその時の写真。

現3年でこのとき帯同してたのは当銘だけ。
秋元が代表で不在でスタメンだったはず。

斉藤陽介は得点王。

サブグラウンドではアップ中。

やはり宏太と甲斐はメンバー外か。

こちらは広島。

岡本は韓国ぶり。昨日の友は今日の敵。

そいうえば韓国で岡本に、「高円の初戦は広島だからよろしくね」って言ったな。

本当によろしくお願いします。

高円宮杯といえば、第1試合と第2試合のインターバルが短い。

第1試合が終わり、幕を準備する時間が20分くらいしかないのだ、だから第2試合は大変。

しかも今年から席張りが出来なくなってる!そんなの聞いてないよ!!
運営と揉めてお話をしているうちに、どんどん時間が経過していく。

結局幕はナシで試合に臨む。

怪我から復帰の西脇はベンチスタート。

スタメン。

なんと1年の樋川愛輔が初出場初スタメンで右サイドバックに入る。
本職はセンターバックだが、曽我、奥山、臼井とけが人続出のため出番が回ってきたのだろう。

1年が3人、2年が4人、3年が4人。

いよいよキックオフ。

なんだかんだで高円宮杯は思い入れが強い大会なので緊張する。

愛輔。

開始すぐに荒井が倒されPKゲット。
荒井が蹴るが、原にセーブされてしまう。

そういえば原も韓国ぶりだな、第3GKだったけど。

その後、再びペナルティエリア内で学が倒される。

が、今度はノーファウルの判定。

→どう見てもファウルだよねぇ。

倒された学はしばらく起き上がれなかった。

それでも高久の相手を背負って反転してのシュートがポストに当たってゴール!

しかし、スローインからヘッドで押し込まれて失点。

さらにDFの裏に抜け出されて失点。

1−2で折り返す。

後半。

大希がDFの裏に抜け出して、GKをかわしてのシュート。
相手DFもギリギリ届かずゴール!

同点に追いつく。

しかししかし、FKを直接ねじ込まれて、再び勝ち越される。

その後同点を狙っての選手交代は、初出場の塩田。

が、2−3のまま試合終了。

またしても広島に勝てず。ここ数年まったく勝てない。

だが、選手には失礼だが密かに2位抜けしないかなぁと思っていたりなんかして。

R16は22日。
1位抜けだと11:00@ひたちなか
2位抜けだと13:20@秋津

そして19:00からトップの浦和戦@日産

ハシゴするには秋津のほうが良いわけですよ。

なんてワガママなサポ心理。

そんなことよりも、来週は勝たなければならない試合。
仮に負けると相当厳しくなる。

切り替えていこう。

この後どうする?

三男「笠松に行きます」

一同「!?」

19:00から笠松で水戸対山形の試合があるのだ。

水戸対山形といえばコール合戦。笠松グルメも興味深い。

結局物好きな4人がヒロアキーラで笠松へ。

中の人は翌朝早いので帰りましたよ。

で、本当に行ったらしい。

某氏曰く「絶対J2には落ちたくない!!」

笠松土産。