×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

7月28日

いつもの場所に集合。

サービスエリアで恒例のカツカレー。
今年もやってきたぜ、J-VILLAGE。

早速幕を張る。
ネットのワイヤーをつたって、いちばん上から。
けっこう大変な作業。

初戦はセレッソ大阪。

相手CKから、佐藤峻の大きなキックが右サイドの学へ。
ドリブルで仕掛けて、中央フリーの高久へグラウンダーのパス。
ダイレクトで打ったシュートが相手DFに当たり、コースが変わってゴール!

見事なカウンターで先制!

しかし前半ロスタイムにCKからゴールを許し、1−1で折り返す。

ハーフタイム。

まさかのアイテムが登場。

最中は暑い中の試合のハーフタイムに食べるものではない。喉がカラカラ。

(身内ネタ)

後半。

引分けかと思われたロスタイム。
相手に当たったボールが右サイドの宏太のもとへ。
グラウンダーでGKとDFの間にクロスを入れる。
ファーで関原がフリーだったが、その前にクリアをあせったDFがオウンゴール。

何とか接戦をものにして勝点3をゲット。

宿無し野宿組のヤングチームを道の駅の温泉に送ってからアダルトチームはいわきのホテルを目指す。

頑張れ若人。

途中国道沿いの定職屋で海鮮丼を食す。

これで480円は安すぎ。

若手は何食ってんのかなー?

7月29日

アダルトチームはホテルを出発し、すき家へ。

若手のために豚丼大盛りを5つ購入。

なんて優しいんだ、アダルトチーム。

駐車場に着くと、すぐにその場で食す。
物凄い勢いで完食する若手。
相当腹が減っていた様子。

さらにHさんから差し入れ。

10秒チャージ。

今日もネットの上から幕を張る。
おや?
忘れ物。

本日の対戦相手はHONDA FC。

前日に千葉が7−1で勝っているので、それ以上の得失点を稼ぎたいところ。

セレッソ戦で負傷した宏太はメンバー外、学もベンチという采配がどうなるか?

久しぶりに撮ってみた。円陣ダッシュ。

試合は4−0で勝利。
決定機が多かっただけに、もっと点を取っておきたかったところ。

おまけに甲斐が昨日に引き続きイエローを貰い、次の試合出場停止。

ちなみに、まっちょが公式戦初得点。

試合後、すぐにJ村を出発。目指すはマリノスタウン。

友部SAにて。

田中じゃないのかよ。

そしてマリノスタウン到着。

東海大学との練習試合は2本目途中。
マイクはすでに下がった後だが、『超バモス』等の幕を張る。

3本目に怪我から復帰した秋元が出場。

ごく普通のキーパーになっててショック・・・。

やはり怪我のブランクは相当あるのだろう。

7月31日

再びJ村へ。

ピッチ3での第1試合、第2試合をバイキングを食べながら観戦。

第1試合がガンバとガス、第2試合が浦和と大分という、ちょうど見たかったカード。
ピッチ3バモス。

予選突破をかけた試合はピッチ1。

去年雪崩れた土手は草むらとなり、ピッチ脇の木は去年以上に生い茂っている。

ここで応援するなということか?

カナダでお世話になった人が登場。
韓国でお世話になる予定の人も登場。

二人揃ってウチと千葉の試合を見るのか。

代表組のプレッシャーにならないといいけど。

第1試合と第2試合の結果を受けて、予選突破の条件はハッキリしている。

引分け以上で予選突破。
負けた場合でも2点以上とっての1点差負けなら予選突破。
1−2で負けた場合は抽選。
0−1または2点差以上の負けは予選敗退。

先制点をとれればかなり楽な展開になる。

出場停止の甲斐の代わりは成田。
宏太はベンチ。

後半に左サイドを破られ失点。
その後、宏太を投入するが、流れを引き寄せられず、さらに2失点して終了。

千葉の小井土と乾の2人にやられた。

前半の良い流れの時に点をとれなかったのが痛かった。

終了のホイッスルと同時に、選手はピッチに崩れ落ちる。

今年の1月、夏に三ツ沢で優勝したいと言っていた、宏太の言葉を思い出す。

残念ながら今年も三ツ沢への道は遠かった。

帰りがけに、わざわざ戻ってきて、

「すみませんでした」

と言ってくれた某選手。

その強い気持ちを忘れずに次の大会も頑張って欲しい。
チーム一丸となって。

さらばJ-VILLAGE。

また来年。

(中の人はU-15でまた今年来るけど)