×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

まずはマリノスタウンへ。

早稲田との練習試合。
早稲田と言えば、兵頭よりも鈴修よりも渡辺よりも幸田ですよ!

幸田発見、ユースのコーチと話をしている。

番号6のマリノスの練習着姿。

残念ながら、一昨日の練習で怪我をしたので出番はなし。
終始雑用やビデオ係。

まあ、帯同してくれただけでもありがたい。

おかげでちょこっと絡めたし。

Bグラではリハビリ中のアーリアの姿も。

試合は45分×3本で、トータル4−3で勝利。

陽介も1点取った。

クラブハウスでは、今日の試合のメンバー外のユースが日陰で練習開始を待つ。

試合後の幸田、陽介、田代。

積もる話もあるだろう。

帰り際にはアーリアと。

3時からはCグラでユース練。

移動中にちょこっと見学。

ああ、あの選手やこの選手は今日は出ないのか…。

その後方では、トップの選手が裸で並ぶ。

これぞマリノスタウンの醍醐味。

夕暮れのしんよこフットボールパークに到着。
今日のスタメンは前節からちょっといじってきた。

前節途中交代で良い働きをした関原。

同じく中里。
そして、怪我明けの宏太がスタメンに名を連ねる。
前半は陸橋で見ていたメンバー外の5人。

後半はメインのベンチへ。

○○もベンチに座らせてあげなよ。

フットワークは自陣に引きこもり、とにかく人数をかけて守りに徹する。
その守りを崩すことが出来ないまま時間が過ぎていく。
戦っているのは選手、指示を出すのはベンチ。
サポがウダウダ言っても仕方がない、とにかく応援し続けるだけ。
そして、スコアレスドローも覚悟し始めた後半35分過ぎ、優平の右足が一閃。豪快なミドルがネットに突き刺さる。
拳を高々と上げてガッツポーズの優平を歓喜の輪が包む。それまでの苦労を物語るシーンだった。

その後金井のクロスからゴール前でごちゃっと思おうと、ボールはゴールの中へ、あっさり追加点。
誰が取ったかわからないゴール。
ユース公式記録員によると端戸のゴール。現場では学説、オウンゴール説が流れていたので、試合後端戸に聞いてみると、金井のクロスをGKが弾いて、それが端戸の足にたまたま当たって入ったそうです。

さすがユース公式記録員。

初夏といえど19時にもなると薄暗い。
しんよこフットボールパークはやはり見にくかった。

と、たいしたネタもないまま今回はここまで。